1日でもう描き始められます。「Photoshopで描くマンガデッサン基本レッスン」

いつもは Adobe Illustrator でイラスト制作をしているのですが、Photoshop でイラストを描きたいと思って、この本を読みました。
Photoshop で作品を制作するための初歩的なことが描かれており、あっという間に読めます。
1日で読めるのではないでしょうか。

Photoshop でのイラスト制作の右も左も分からない!という方の最初の一冊に向いています。

Photoshop はすごく多機能ですが、実際にイラストを描く分にはそこまで機能を使いません。
この本は、イラストを描くためだけの必要最低限の機能を解説しているため、すぐにでも描きたい!という場合に向いています。
線画から仕上がりまで一通りのことを解説されています。

3,000円以上する Photoshop の分厚いリファレンスを買って、全部読み込んでから制作をスタートさせるより、ずっと精神衛生上良い感じがします。

絵を描けるソフトは CLIP STUDIO や SAI 等もありますが、プロを目指すなら月額980円で使える Photoshop を選択しておくのが賢明だと思っています。
DTPデザイナーもWebデザイナーも編集者も印刷所も看板屋さんも Adobe製品を使っているのですから。

この本の内容的には Photoshop の解説が9割で、絵の作り方はほんの少しという感じでになっています。

色の塗り方も、アニメ塗り・水彩塗り・厚塗りと3パターンを解説していますが、その解説もほんの少しです。

作例の絵があまりクセがなくて、自分でも描けそうと思わせてくれる感じなのも印象が良かった本です。

Photoshopで描くマンガデッサン基本レッスン
砂屋
大泉書店
売り上げランキング: 42,303
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。