パース!マンガでわかる遠近法

パース!―マンガでわかる遠近法

著者:
デヴィッド チェルシー
ページ数:
176ページ
出版社:
マール社
価格:
¥ 1,680
サイズ:
25.6 x 18.4 x 1.6 cm
当サイトの評価:
★5つ


どんな本?

マンガで解説したパース入門書。
著者であるデヴィッドがマグにパースを教えるストーリー。
11章に分けて解説されてます。
建築用途ではなく、マンガ家やイラストレーターを目指す人向けに書かれています。
円の遠近法や、人物の遠近法、写真をもとにしたパースの描き方についても書かれています。
『トレースできるパースの方眼』が7種類、付録としてついています。

レビュー

パースをマンガで説明するという試みが、見事成功しています。
マンガは絵が中心なので、コマ割りの全てがパースの図解になります。
一般的なパース本より、圧倒的に図解が多いことになり、理解しやすいです。
手本となる絵もしっかりしていて、問題ありません。
また、所々にあるユーモアが勉強の苦痛を削いでくれます。
翻訳も、友人に語りかけられるような調子で、良いと思います。
空間にジャングルジムを並べたり、宇宙に飛び出したり、床を一面市松模様にしてみたり、マンガでしかできない表現で理解を助けてくれます。
著者は分かりやすく表現するために、相当知恵をしぼったようです。
とても分かりやすく描かれているので、分かったつもりになってしまうのが怖いところです。
大事な部分は紙に書き写しながら、読み進めると良いと思います。
半分くらい読んだあたりから、突然難しく面倒になる気がします。
(一点透視法から二点透視法に移行するあたり。)
そういう意味ではバランスが悪い感じもします。
それでも、他の多くのパース本と比べると、ずっと簡単なので、頑張って読むべきです。
パースを押さえておきたい人は、きっと必要になる本です。
パースペクティブに対する苦手意識が無くなるはずです。

あと、内容とは関係ありませんが、洋書版と比べて、日本語版の表紙がださくなっているのが残念です。
ただ、洋書版と日本語版のどちらを買おうか迷っているとしたら、間違いなく日本語版を買った方が良いです。
翻訳がきちんとしていますし、日本語版の方が安いです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。