絵を描く、ちょっと人生を変えてみる

絵を描く、ちょっと人生を変えてみる (講談社ニューハードカバー)

著者:
永沢 まこと
ページ数:
208ページ
出版社:
講談社
価格:
¥ 1,500
サイズ:
18.4 x 12 x 2.2 cm
当サイトの評価:
★4つ


どんな本?

ペン1本で描ける著者のスケッチスタイルで、絵を描く方法を説明した本です。
本の内容は以下の通りです。

  • 序章で、絵の『内づら』と『外づら』の二面性に言及。
  • 第一章で、幼少時代から著者の軌跡をたどり、線の魅力を説明。
  • 第二章で、絵を描くのに必要な画材と、絵の手順を説明。
  • 第四章で、絵を人に見せることの重要性と方法の説明。
  • 終章で、『パノラマ描き』『超速写術』といった描き方の紹介。

レビュー

文章中心の本で、絵は部分的に少しある程度。
同じ著者による『とっておきスケッチ上達術』や『自分発見スケッチ術』の方が、絵を豊富に使って解説しているので、理解しやすいです。
感性を『内づら』、知性を『外づら』と定義した上で、デッサンとスケッチの感覚の違いを見事に表現しています。
全体を通して『感性』に関する記述が多いです。
個人的には、感性も知性も両方必要だと感じました。
第四章の、自分の絵をポストカードにして身近な人に贈るアイデアは、実践的で面白いと思います。
「私は、どうしたら絵が上手になるのでしょうか?」という問いに対して、江戸後期の国学者、本居宣長(もとおりのりなが)の学問の学び方に関する本『うみ山ふみ』の一節が記されています。
強く心に残ったので、引用します。

『詮(せん)ずるところ学問は、ただ年月長く倦(うま)ずおこたらずして、はげみつとむるぞ肝要にて、学びやうは、いかやうにてもよかるべく、さのみかかはるまじきこと也(なり)。いかほど学びかたよくても怠(おこた)りてつとめざれば、功(こう)はなし。』

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。